離婚の原因は夫に浮気相手がいたため

離婚の原因が夫の浮気だった場合、話し合いによって離婚をする協議離婚であれば、すんなりと離婚をし、協議の上慰謝料を得られやすくなりますが、夫が離婚に同意せず、調停や裁判となった場合、夫が浮気をした証拠をそろえる必要が出てきます。この証拠というのはいったいどのようなものになるのでしょうか。

浮気相手とのメールのやり取りの内容や、スマホに乗っていた写真をプリントした物などが証拠となり得るかといえば、実は証拠となりえないケースがあります。裁判では、たんなる浮気の場合には民法でいう離婚の要件には当てはまりません。裁判では夫が妻以外に人と不貞行為を行ったことが立証されなければなりません。

この不貞行為というのは、具体的には妻以外の人と肉体関係を結んだということです。ですが、このような証拠を立証することは非常に難しいことになります。そこで、探偵に依頼をして、夫の素行調査をしてもらい、不貞行為を行っていたとみなされる証拠を握るということが必要になってきます。

しっかりとした報告書であれば、裁判で通用する証拠となりえますので、万が一夫の浮気で悩み、離婚を考えているという方は、探偵に相談をして夫の素行調査を行ってもらうこともお勧めです。