歯医者さんの助士をしている人って

歯医者さんの助士をしている人ってどんな職業なのでしょうか。
歯医者さんの助士をしている人は歯科助士や歯科衛生士です。

歯科助士と歯科衛生士というのはどんなことをやっているのでしょうか。

歯科助士は、患者さんのお口の中は触れません。
それは、国家資格を持っていないからです。
歯科助士になるには国家資格は要りません。
個人でやっている歯医者さんがよく人を募集しているのは歯科助士です。
受付をしたり、患者さんの唾液の吸引を行ったりしています。
歯科助士や歯医者さんの助士という役割です。

一方で、歯科衛生士は、患者さんのお口の中を触れます。
それは、国家資格を持っているからです。
歯科衛生士になるには大学や専門学校を卒業して歯科衛生士の国家資格を取る必用があります。
複数の患者さんを同時に治療できる歯科医院には歯科衛生士が多く活躍しています。
患者さんの歯石を除去したり、歯のクリーニングをやったり、歯に薬を塗ったりしています。
歯科衛生士は、歯医者さんと全く同じことが出来る訳ではありませんが、歯医者さんと役割分担をして患者さんの施術に当たっています。

このように、歯医者さんの助士をしている人って歯科助士と歯科衛生士がいますが、結構違う職業なのですね。

歯の黄ばみを改善するホワイトニング用の歯磨き粉はこちら